忍者ブログ

恋愛アドバイス

视覚楽しみでもあった

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

视覚楽しみでもあった

a

まもなくが遠ざかっていくのを見ていた秋、再認識率直である頭瘡脫髮。言叶遣いの清、静とは悲しい」

秋は、この私に豊かな成果にくれる自画自賛し、あれはあなたの别れぎわの赠り物ですか?あなたの足サンサンを追い、名残惜しさを残して私に連絡しなければならない。

野原で、かつて光の金色のは抜け、勤勉な人々が所得倉のうち、または掛けに屋根が見えた。果樹園で、一つ一つで真っ赤な笑颜でも、みんなもぎを入れ、果物の店先に浸っている。

踏み越して出かけたが、秋を探し、昔の人白霜を伴っている青霧が送ってき浸骨の寒凉平、飛び出しトンサン日差しを解散させた朝の氤氲、この花は太阳の光の中に、蝶がちらついてリズムでダンスをしている脫毛療程

暖かい日が空を飛び、数本の白い云」されてそよ风を裂く砕はりつき、人を「霜日明霄水付け空」の视覚楽しみでもあった。

正午をまとった太阳と三人で山梁や小規模のブランチを連れ戻して1ヵ所衰草、横になって上を見ていると、心の间、群山(グンサン)市起伏が詰まった。秋風に首をふっ落一树の丽句を引き寄せ、わたし、無気力感に孤独で夢の中で依然としてに滑り金色の野原で、「喜见稲荷菽分」は、なお遊泳が红叶のおびただしい枫林になって昨日のことのように時間を過ごしている。

南に飛ぶか取ってつけたような燕鸣、私を見て、目が覚めてますが、それは秋の告別の音だろうか。夕日を見ながら、合璧鎔金、几多の秋風むのもいいから衣袂であっても、それは秋の纤纤玉手だったのだろうか。私はあなたがすくむ感じしようとするのでは、とあなたを逃してしまった。「花なく落ちて行くこと」は、秋の華城(ファソン)からの忧え悲しみを「先在燕の帰り」心の中の無限に関心がある貴妃潔面

夕暮れ、秋は幕を閉じた、ここの別の枝を取り扱うだけ烏鵲は、いくつかの音がして悲鳴が迷う渓谷。向かい合って『寒空冷たい月しよう、何も見当たらなかったために行って桂枝影に注意し、撒い清光しなければならない」とした上で、沐哀調をより多くて清光って、あなたと抱き合って衾で、相叙最後の执着する。

秋の、かけつけ冬、あなたにへりだったが、私は一生生活ではあなたの时间の中で、射す朝来ぼ、はじかれたように、雲が高く静、露をば衣;静かである之暇ヵ所が深く、明月照ホワイティベイ・星依が天に在り。野原が低迷すれば、投げ捨てしようがな无、秋で行って弱々しさを感じさせる。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R