忍者ブログ

恋愛アドバイス

唯你如親安康だった

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

唯你如親安康だった



时间が立ちこめて、歳月は速くだった卜維廉中學

青春半载、いわば間、砂時計のように、まるで流は昨日です。

小雨で濡れた烟柳接「天すら碧の蓮の花を染月光の3、银妆素裹の古桥、四季たとえば歌が、納得しておらず、燕児を飛び、里香、命が長く、梢枝若葉は全て穂先、景复発一场面だ。梦(ゆめ)の知っているかぎりでは、人に是非、喜悲しむこと、老少マフディ幼绎<、年間隔たって一年、白髪を染めて、青丝幼子だった。

またたく间に、落ち葉の知秋、汎黄色に、秋に最善を尽くした冬に飛ばして、一山(きました。

人は争宠、物は争艳世の中は、千秋、春生夏が長く、刈り入れる冬藏だった。

たじろが嬌颜をうやむやになってかなわない似水流年だった。何か、全てはひっそりと色あせ、ひそかに散り、ほこり。卜維廉中學

人生のような形をして列車に数を検討している」と、いくらが過ぎ去る时の中を見て、どれだけ多くの良があった。世間がたため、青春踵を返したのだろうか。

風无定人无常雨無が絶えず、離合二、時を求めて、歳月歌、軽くを漫歩する时间を见て人間だった。车马に华灯初めで、最高の話であっても、心の中では、そっと长は笑みを浮かべていた。また一年が一転、一年で読んで1年で、冬季漸から春を待つ!!

青空が広がってい日丽歌えば风…ひとしきりひとしきり风铃がメロディー…軽いふん流麗如ティアナ…し。青山に蔵白雲間で、蝶时の清涧だった。点滴を懐に目覚めて校かもしれません!1人当たり何かしら虹(にじ)を覚えるのは难しい色をタッチする。

クレイジー、陸地の各安、四季を良くありません。初めの时の風、ひとっこ漸涼しくて、心寧神重、露は重く、冷たいた身を冷やし、寒霜から、ティム服だ卜維廉中學

迹部样、古道に湖畔で、水阁ルミナリエ,家を离れ表通り潮汐、1段の小道をとおりすぎ、白い服を笑顔、清风拂袖衣でざけてくれる。だけど赏歩軽いダンスを、裏切る画意を見るのが、景秀、単独で供覧になり、思考;道つくせないほどあたたかくて、無数のを気にせず、それぞれ争酢だった。

踏み!寺院を巡礼をつんだもの、信仰心が縁富貴はされないのは、唯你如親安康だった。

100日の無ワリンゴ、1世は年少の为、無しの花が再開日だが、そうでない人は更に少年、君が来て、持って来ただらけに楽しみを忘れたしばらく甘酸っぱいもあり、を体験し、天があなたに1試合もしたことのない人があると思うが、昔の日差しを振り返ってみれば、もう二度とない人に接することができる…

この一年、日で、再び寒くて、全身が袭いかかる築地明石町の気配ではないが、この都市の中で、私は时々思い出して「暖かい」の味、多くの年以来、ずっと使われ続けたあの阔达な心を持っているかもしれない、その代わりに充満していなかったのですが青色の梦だったと记忆しています。どこにもよかった!口元に微笑、懐かしさも暖かく、昔のしがらみ漸ぎりなきあめつちの宏志目、ひたすら恨めしい四季を守れる歳長く、近距離红尘の各天涯」だった。雨風が、いくつか朝クリームふこと関係なく、1城春光、いくつか雪を蒹たらの思考、やめて易会は难しく、行かなければならないが、独自に安否をしてください。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R